転職先を決めてから仕事を辞めるのが上策

 転職しようと思った時に、今働いている仕事を辞めてから転職活動をするのか、仕事を続けながら転職活動をするのかということは重要です。先に辞めてから活動する場合、仕事を続けながら活動をする場合に分けて、メリット、デメリットを考えます。

 先に辞めてから活動をするメリットとしては、転職活動に時間をかけられることです。受けようと思った会社の情報収集をする時間は十分に作れますし、仕事を辞めてリフレッシュした状態で活動をすることができます。しかしデメリットとして収入が途切れてしまうこと、決まらないことで焦る気持ちが強くなる恐れがあることなどが考えられます。

 仕事を続けながら活動をするメリットとしては、就職先が決まってから退職するので収入の心配をしなくても良く、決まるまでじっくりと時間をかけて探すことができます。デメリットとしては面接日が仕事とかぶらないようにしなくてはならない、出社可能日がわからない状態なので、「すぐに来てほしい」と思っているところでは不利になることが挙げられます。

【特集】
既卒 就職サイト
学校には頼れない既卒の就職。公的支援だけじゃない、サポートを上手に利用することが大切

 個人の生活状況によって違いますが、貯金が十分にない、家族の生活費を用意する必要があるという人は、仕事を続けながら転職活動をする方がお勧めです。

 仕事を辞めてから活動するのは次に見つからないというリスクもありますし、お金に余裕がない場合には不安になってしまいます。仕事を続けながら転職先を探すのは労力が必要で大変なことですが、それを乗り切って新しい職場を見つけてもらいたいと思います。

web analytics