求人情報の「未経験者」には3つのタイプがあるので、どのタイプの未経験者なのかを深く読み解きましょう

求人情報の「未経験者」には3つのタイプがあることをご存知ですか?

 転職活動の際、新しいジャンルに挑戦したい、自分の可能性をもっと広げてみたいと思う方々にとって、未経験者歓迎と謳われた求人広告は大変魅力あるものではないでしょうか。しかし、中途採用の場合、即戦力を求める企業が大半という中で、本当に未経験でも大丈夫なのだろうかと不安に思う方々も大勢いらっしゃるようです。

 求人広告にはただ未経験と記載されてあったとしても、未経験者、職種未経験者、業界未経験者というように、実は3つのタイプがあるのです。ですので、その求人広告がどのような意味での未経験なのかを深く探る必要があるのです。

未経験者の3つのタイプの違いとは?

 まず未経験者は、社会人として一度も企業で従業員として働いたことのない方や、職種も業界も異なる仕事に挑戦したい方などがこのタイプになります。このタイプの場合、企業はその人の熱意や人柄、意欲をよく見ている一方で、長期的に人材育成する計画がある場合、こうした方々を採用します。

 また、職種未経験者はたとえば、小売り業界の営業をしてきた人が小売り事務などの仕事に挑戦する場合などを指し、業界未経験者というのはたとえば小売り業界の営業をしていた人が、その経験を活かして広告業界で働きたいなどという場合を指します。こうしたタイプの場合、企業はその人のスキルや経験を重視します。

 このように未経験といっても意味合いがそれぞれ違うため、注意が必要なのです。

web analytics