気楽に転職作戦(事務職バージョン)

引き継ぎ準備作戦

 転職先が決まってからの引き継ぎとなると、自分が主で任されていたデータや帳票類の取り扱いについて後任の方に上手く伝わりきらずに退職日の延長交渉や退職後に電話やメールで問い合わせが来てしまったりとする事があるものです。

 割り切ってしまえば済んでしまう話ですが、人の縁とは何処でどのように繋がるか解らないものです。転職を考えたならば、その日から空き時間を利用し後任用の説明書を細かく作成しておくと引き継ぎ時に後任の方や所属部の上司からの面倒くさい質問攻めから逃れ、後々の退職日までの期間は気楽に生活できるものですよ。

担当していた顧客への挨拶作戦

 今まで無理難題を強いて来た顧客様もいざお別れとなると少々寂しいものです。前述したとおり、もしかしたら次の転職先でも顔を合わせる関係になる場合だってあります。退職日が決まったならば、顧客にも今までのお礼の挨拶を差し上げた方が無難でしょう。

 とはいっても、早すぎて連絡をすると変に何回も電話で話して妙に気不味くなったりしますし、遅過ぎてしまうと相手の事情で気が付かなかったと不愉快がられる場面があります。退職日までの日にちが一か月ある場合は残り一週間から二週間程度の目安で差し上げるのが無難でしょう。

 また、挨拶に関しては電話、メールは問題無いでしょうがFAXは会社事や役員職の人が送る事が基本まいたですので避けた方が無難でしょう。

web analytics