採用のされる理由ついて

 私のいる業界では不況の真っ只中、いつ抜けるのかわからない先の見えない状況です。そんな中積極的に社員募集を行い、即戦力はもちろん今までこの業界になかった何かを求め他業種で未経験者をも採用しようという動きを見せる会社が増えてきました。しかしそれは当然採用されやすくなったわけではなく視野を広げようとしているだけで実際には厳しくなる一方です。ですからこちらとしても気をつけるべき点があります。採用された理由についてなぜ自分が採用されたのか?それがわからないのは危険です。自分の能力、経験に対して会社に興味を思ってもらえた等明確な内容と、自分自身もそれに対して自信を持っているのであれば問題はないでしょう。

 しかし景気の悪い業界では採用する側も慎重になります。採用したが使い物にならなかったり、すぐ辞められたのでは時間の無駄(面接、入社手続き、教育)他の社員達のモチベーションにも関わります。もし会社へのアピールとなる決定的な何かを持っていないにもかかわらず意外と簡単に採用されてしまったのならもう一度その会社をよく調べてみてください。極端な人手不足に陥っているだけもしれません。そこには必ず人が辞める決定的な理由があります。そして十中八九悪循環しています。そうなればあなた自身がボロボロにされかねません。転職の際重要なのは、面接時に自分から会社のことを聞きまくることです。聞かなければ会社は都合の悪いことを言いません。しかし聞けば基本的に答えます。採用されるまでが転職ではありませんので皆様お気を付けください。

web analytics