実は難しい面接中の「表情」の作り方

ほとんどは強張っている

 面接中、あなた自身がどのような表情をしているか知っていますか?おそらく・・・いえ、100%の方が「知る由がない」でしょう。当然です。「今面接中」なのですから。多くの方は、面接中の表情は強張っていると考えられます。「緊張している」という意思表示となり、面接側に配慮を促す意味にもなると言えばなるのですが・・・社会人としてそのように甘えた思考では採用されるものも採用されません。よって、自分である程度意識的に表情を作れるようにしておく必要があるのです。これを行う事により、面接中においても自然な表情であるあなたを見て、採用側はあなたを「人材として」安心する事に繋がります。

どのように表情を作るか

 表情を作るだけならとても簡単・・・な訳ではありません。実は意外と難しく、表情を作る「だけ」であればそれこそ今すぐにも出来るのですが、それが「自然な表情」となると困難となるのです。ではどのように表情を作ればよいのかという点ですが、実のところ面接という限定的な状況においては、あなたが見せる表情の種類など2、3種程度となります。「普通」「笑顔」「真剣」・・・おそらくこの程度だと思います。よって、この3種の表情を事前に作り上げておくのです。事前から行っておく事により、いざ面接という場面になっても自然とその表情になるでしょう。ただし、適切な場面で適切な表情を作る事が求められます。

web analytics